LOADING...
閉じる

院長が急病のため、当面の間は休診させていただきます。
診療の再開は追って当サイトにてご案内いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

天気雨聞いたことありますか?この言葉。

日が照っているのに、雨がぱらぱらと降る…いわゆる「天気雨」のことをよくこう言ったりします。
みなさんも時々遭遇したことがあるのではないでしょうか。
「狐の嫁入り」については諸説あるようですがその一つをここに。

【語源・由来】
きつねのよめいりあるとき狐の娘がお嫁入りすることになり、娘を連れて嫁入り行列をすることにしました。
ところが
「人間の村の中を狐がぞろぞろと行列作り歩くとなると一斉に捕まえられそうだ、雨でも降れば、視界がぼやけて見つからないのではないか」と。
だけどその日は晴れていたので、狐たちは精一杯の雨乞いをしました。
すると、自分達の周りだけ、雨が降りました。
そうして、狐たちは雨を降らしながら足早に村を通り、無事に嫁入りすることが、できました。
そうとは知らない村人たちはなぜ雨が降ってるのか、謎のままでした。おしまい。

ほかにも
「夜、遠くの山野に狐火がいくつも連なっていることを、狐が嫁入りする提灯に見立てたもの」とか、
「狐火は、狐の口から吐き出された火という俗信がある奇怪な青白い火で、恐れられていた」とか、
気味が悪い説も。
それらから天気雨を、狐火の怪しさのようであることにたとえ「狐の嫁入り」(画像は京都で3月に行われている「東山花灯路」です)というようになった・・・など諸々。

なんとイギリス、イタリア、ブラジル、ポルトガル、フィンランド、韓国でも、突然の通り雨のことを、狐の嫁入りと、呼んでいるとか。

神秘的なような少し気味が悪いような。

クリニックのロゴマークは『うさぎ』ですが、クリニックにはなんとキツネの絵本が2冊もあります。

懐かしいシリーズですが、たまには手にとって読み返してみませんか。

ごんぎつね
ごんぎつね

手ぶくろを買いに

てぶくろをかいに

103歳ご存知ですか?今話題のこの1冊を。
書店では店頭に平積みされているところも多いようです。

数えで103歳になられる篠田桃紅さん。

人としてだけでなく、特に女性として偉大な先輩の一人だなと思います。
彼女の考え方やその生き方について、みなさん思うところは人それぞれかと思いますが、
個人的には〝とても素敵な女性(ひと)だな〟と率直に感じました。

生きてこられた時代背景、彼女の人生や周囲の環境を考えると
「生涯独身で女性で美術家として生きる」という歩みは
想像以上の困難があったのではないかと思います。
にもかかわらず、そういう気負いも全く感じられない文章や言葉の数々は
(あえて表現を抑えているだけかもしれませんが)、
すっと読み込める1冊でした。

ご興味を持たれた方はぜひ書店や図書館などでご覧になってください。

IMG_0031当クリニックの入り口に大きな鉢があります。
いただいた時に伺った話では、百合の花が咲くそうです。
その時にはまだとても小さな〝つぼみ〟が数個で、茎ばかりが目立っていました。

10日ほど前、ふと気づいたら〝つぼみ〟がたくさんついていました。

そしてまた、
今日気づいたら2,3個その子たちはぷっくりと大きなつぼみに成長していました。

まもなく開くから見ていてね、と言っているような。
まだ咲かないぞとじっと耐えているような。

スタッフ一同その日を心待ちにしています。

開いた1開きました!
大輪のカサブランカの花が。

朝見てみると「ほらね!」言わんばかりに開いていました。

どちらかというと自然に近い状態で育てた(させていただいた?)のですが…。
にもかかわらず強くたくましく、とうとうこの日をを迎えることができました。
これも多くの方から温かい目で見守っていただいたお陰です。開きかけ

ぷっくりとしていたつぼみの数々も、すでに開きかけ、予備軍として乱立中です。

看板と全体
うさぎ看板横で大きな存在感を醸し出すこの鉢
クリニックにお見えの際にはまず入り口でご覧
ください。

今度は予備軍のつぼみたちがもっとたくさん花開いたご報告をしたいと思います。

本当に綺麗に咲いて良かったです。
実は…元気に花開いてホッとしました…。

あじさいいろいろこの時期、紫陽花(あじさい)についての情報を多く見かけますね。
調べてみると意外なお話がありました。

原産地はこの日本。
海外では、日本のあじさいは「桜」や「つばき」と並んで代表的な花とされていて、フランスにいたっては「日本のばら」と呼ばれているとか。

また花言葉は数多くネガティブなもののある一方で、
「辛抱強い愛情」
「強い愛情」
「元気な女性」
というものがあるそうです。
意外に「女性」とのつながりがあったとは…親近感が湧きました。

色によって花言葉の違いがあるようです。
青…忍耐強い愛
ピンク…元気な女性
白…気の迷い、寛容
萼(がく)あじさい…謙虚

この季節、誇らしげに雨に向かって鮮やかな彩りを奏でる紫陽花の花々。
改めて愛でてみたいな思いました。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ