LOADING...
閉じる

院長が急病のため、当面の間は休診させていただきます。
診療の再開は追って当サイトにてご案内いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

まえだ婦人科クリニック イメージ1 まえだ婦人科クリニック イメージ2

イラスト

MAEDA FUJINKA CLINIC

親子三代 女性の一生のトータルヘルスケア 当院が目指す医療の形

まえだ婦人科クリニックでは、思春期を迎える方から、更年期、老年期まで、
全てのライフ・ステージにある女性のヘルスケアを行うことにより、
その人とそのコミュニティーの幸福を支援し、より良い社会への実現を目指します。
※現時点で、当院では妊娠されている方の診療を十分にできる体制は整っていません。
 そのため、妊娠されていると診断した方は、
 他施設を紹介させていただきますことをご了解ください。
※また、高度な不妊治療(体外受精など)も行うことができません。
 ただ幸いにも、久留米市内ではこれらを専門的に取り扱っている
 素晴らしい医療施設が多数ありますので、ご安心ください。

attention

婦人科的な診察(内診)をご希望されない方は
その旨をお伝え下さい。

診療内容により必要時には行うことはご了承ください。
ただし、その際もきちんと説明を行い、
同意を頂いた場合にのみ内診を行います。
まえだ婦人科クリニック イメージ1 まえだ婦人科クリニック イメージ2 まえだ婦人科クリニック イメージ3 まえだ婦人科クリニック イメージ4 まえだ婦人科クリニック イメージ5

イラストうさぎ

私たちの診療理念 clinic concept

LIFE STAGE

女性のライフ・ステージの
特徴と問題点の把握

男性と違い、女性は月経と向き合い、自身の体を知ることが何より先決です。婦人科医と一緒に考えて、人生を豊かにしましょう。

まえだ婦人科クリニック イメージ6

まえだ婦人科クリニック イメージ7

REPRODUCTIVE HEALTH AND RIGHTS

リプロダクティブヘルス/ライツ
(性と生殖の健康と権利)の保護

人々が安全で満ち足りた性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子どもを持つか持たないか・いつ持つのか、また何人持つかを決める自由をもつことを指します。何よりも計画が大事なのです。

まえだ婦人科クリニック イメージ8

LIFE PLAN

ライフ・デザイン(プラン)の
立案、達成、修正の支援

自分自身の人生をプランニングしましょう。もちろん私たちも一緒に計画します。女性ならではの悩みや年のとり方をしって、まずは自分のことをよくしることから始めましょう。

まえだ婦人科クリニック イメージ9

SCREENING

女性特有のがん∗の
スクリーニング ∗子宮がん、卵巣がん、乳がん

子宮ガンや、卵巣ガン・乳がんなど、女性ならではの癌が多いのも、女性の悩みです。当院では定期的な検診をお勧めしています。

WELL AGING

ウェル・エイジングのための教育

歳をとることは避けれません。だからでこそ、私たちは「女性が上手に年齢を重ねる為のライフスタイルの形成」をテーマとして取り組んでいます。それはまさに「アンチ エイジングケア」。数年先、今よりもっと輝く貴女の為に。

まえだ婦人科クリニック イメージ10

診療内容について

診療科目

婦人科(特に、女性医学)

対象となる疾患

  • 月経不順
  • 過活動膀胱
  • 月経困難症
  • 骨粗鬆症
  • 月経前症候群
  • 月経前気分不快障害
  • 子宮内膜症
  • 更年期障害
  • 子宮筋腫
  • 性器下垂
  • 尿失禁
  • 乳腺疾患のスクリーニング

実施可能な検査

  • エコー(経腹、経腟、乳腺)
  • 細胞診検査(子宮頸部、内膜)

保険外治療

  • 不妊治療の一部
  • 経口避妊薬
  • 更年期障害に対する代替療法 (プラセンタ療法など)

提携医療機関

聖マリア病院

こんな症状でお困りでしたら、ご相談ください。

月経(生理)周期の異常

月経(生理)周期とは、生理の開始日〜次回の生理の開始日までの日数をいいます。
正常範囲は25日〜38日周期で、その変動が6日以内です。
無月経
3ヶ月以上生理が来ない。
稀発月経
生理が始まってから次の生理が始まるまで、45日以上ある。
頻発月経
3週間以内で生理が来ることが続く
月経不順
生理がいつ来るか予想がつかない

月経(生理)前の不快な症状

  • 月経前症候群
  • 月経前不快気分障害
  • ※月経の何日か前から以下の様な症状で困っていませんか?
    • 下腹部が痛い・張る
    • 腰痛、乳房が痛い・張る
    • むくみが出る
    • 頭痛・肩こり、肌荒れ・ニキビができやすい
    • 眠くなる
    • 疲れやすくなる
    • イライラ感
    • 怒りっぽくなる
    • 憂うつ感
    • 家事や仕事の効率が低下する。

月経(生理)中の不快な症状

  • 月経困難症:生理痛が強くて鎮痛剤が手放せない。
  • 過多月経:生理の量が多くて、外出するのが気がかり。

その他

  • 不正性器出血
  • 顔のほてり、冷や汗
  • 乳頭から血液混じりの分泌液が出る
  • 帯下(おりもの)の異常
  • 膣の乾燥感
  • 乳房にしこりを触れる
  • 性交痛
  • 頻尿、尿漏れ
  • 妊娠とは関係なく母乳が出る

診療の流れ

  1. 01受付
  2. 02問診: スタッフが行います。※院長が行う場合もあります。
  3. 03院長が問診事項を再確認した後、必要な診察、検査項目の説明を行います。
  4. 04同意して頂いた診察、検査を行います。
  5. 5診察、検査の結果を説明します。※時間を要する検査の場合、後日結果説明の為再受診が必要です。
  6. 6必要な医学処置、お薬などの治療方法を提案します。
  7. 7同意して頂いた医学処置やお薬の処方などを行います。
  8. 8次回も受診が必要な場合は、予約を取ります。
  9. 9会計を済ませて診療が終了します。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ