LOADING...
閉じる

院長が急病のため、当面の間は休診させていただきます。
診療の再開は追って当サイトにてご案内いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

7うさぎの耳はなぜ長いのか?

結構知られた理由ではあるようですが…


☆耳は警戒アンテナ(周りの音をしっかりキャッチする「集音」の機能)

ウサギはもともと草原に暮らしている動物です。
草原という場所は、エサは豊富ですが、敵に狙われやすいという環境でもありました。
そこでウサギは大きな耳を使って敵を察知し、いち早く逃げるために役立てていたのだ、という説が有力です。
敵の存在をできるだけ早く感知するために、耳は左右別々に動かすことができます。
360度すべての音をキャッチする機能を持っているので、周辺の小さな音も聞き逃しません。
耳を立てれば遠くの音まで聞くことができるので、
警戒アンテナとしての機能も果たしてくれます。

01

☆耳で体温調節

ウサギの耳のもう一つの機能は、体温調節です。
ウサギは汗をほとんどかかない代わりに、耳からの放熱で体温を調節しています。
ウサギの耳にはたくさんの毛細血管がありますが、それらに風を当てることで血液を冷やし、体温が上昇しすぎるのを防いでいるのです。

うさぎにも色々な種類があるようです。

5753283

cd080130-2興味がある方はこちら👉

160122_923_01-600x400
〝ドクターイエロー〟

ご存じですか?

きっと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

正確な走行スケジュールが不明のため、
愛好家の推測の元に色々な時刻表や情報が飛び交っています。

そもそも〝ドクターイエロー〟とは…

新幹線区間において、
線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、
新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両の愛称である、と。


知ったからには見てみたい、長年そう思っていますが、まだ見たことはなく。

そんな方のために、
3月13日(日)にイベントが開催されるようです。

これは必見!

場所:博多総合車両所(車両の大規模検査も可能な山陽新幹線で唯一の総合的な車両基地)
時間:10時から16時

何と言っても目玉は…

923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」の車内見学!

N700系と700系の運転台見学

この「ドクターイエロー」車内と運転台の見学は、郵便ハガキによる事前申し込みを予定されているそうです。

興味のある方はぜひ!

img2ひなまつりといえば、何を想像しますか?

今回は食べ物のお話です。

代表格と言えば…

はまぐりのお吸い物
ちらし寿司

菱餅(ひしもち)
ひなあられ
白酒(しろざけ)

いずれにも縁起の良い意味が込められているそうです。

中でも形や色が個人的に昔から不思議だと思っていたのが
〝菱餅(ひしもち)〟です。

少し調べてみました。(一部引用)

緑、白、ピンク(紅)の3色の餅を菱形に切って重ねたものを飾ります。
色の意味にはいくつかの説があり、

緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味する説と、

緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説があります。

緑餅は増血効果があると言われる「よもぎ」を混ぜ、
白餅には血圧を下げると言われる「ひしの実」が入り、
ピンク餅は解毒作用があると言われる「クチナシ」で色をつけています。

また、菱形は「心臓」を表していると言われ、
災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

(中略)

img3

ひなあられやはまぐりのお吸い物、白酒などにもそれぞれ意味があるようです。

ひなあられやちらし寿司、または菱餅も
最近ではスーパーマーケットやコンビニエンスストアでも
よくみかけます。

せっかくの〝女の子のための1日〟です。

ひな人形は飾れなくても、
食から季節を楽しんで、
懐かしくノスタルジックな気分に浸ってみませんか。

 

sagemonb1まもなく〝ひなまつり〟

ところで、「ひなまつり=雛人形」はきっとほとんどの方が想像できるはず。

(以下引用
ひな祭りの歴史は古く、平安時代から。
当時の宮中で行われていた無病息災のお祓いが、
子どもたちの間で流行していた人形遊びと結びついたのが、
そのはじまりと言われています。
江戸時代になると、女の子の健やかな成長を祝うお祭りとして一般庶民にも広がっていき、
時代とともに一人一人の女の子の幸せを叶えてくれる、その子の守り神のような存在となりました。

そして、

さげもん」をご存じですか?
有名なのは福岡県柳川市

(以下引用)

柳川さげもんは、
城内の奥女中が着物の残り布で 子どものおもちゃや琴爪入れを作ったのが始まり。
そのうち、それらを下げて楽しむ様になり、今日に至る。
さげもんは、7×7=49ですが、
子どもの健やかな 成長と人生50年と言われていた時代に、
1年でも 長生きしてもらいたいという親の願い、
さらに縁起 をかつぎ50という偶数では割り切れるので
さげもんの輪の中央に大きな毬を2個下げて51にして飾るようになりました。

(中略)

一つ一つの意味や、さげる順番など深く知れば知るほど奥が深い「さげもん」です。

今年も柳川市では「さげもんめぐり」が開催されるようです。
見るだけでなくいろいろなイベントも予定されています。

ご興味のある方はぜひ女の子同士で足をお運びください。

sagemon2016_01

setsubun_mamemaki
節分

もうすぐ節分です。
店頭では、豆を販売されていたり、恵方巻きの注文受付が始まっていたり。

みなさんは毎年何かしていますか。
やはり基本の豆まきからでしょうか。

その由来と作法を調べてみました。

1.節分とは?

本来、節分とは季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、春を迎えるということは新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったため、
室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。

2.なぜ豆まきをするのか?

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、
新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、
宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになり、
その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきということです。

詳しい豆まきの仕方はこちら👉

setsubun_ehomaki3

他にも、最近は当然のように見るようになった「恵方巻き」、
「柊」や「鰯」も豆まきには用いられるようです。

早速今年1年のため節分の準備を始めて見ませんか。

 

院長より。。。

節分の翌日、立春の日にだけ

卵の立つ話

「卵が立つ」

という都市伝説があります。お子さんと試してみられてはいががでしょうか?
卵が立ったら、ぜひクリニックまでご一報を。お待ちしています。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ