LOADING...
MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

ミモザのリースが届きました。

春の足音が聞こえ始めたような・・・

玄関がぱっと明るい雰囲気になりました。

💡ミモザの日とは、

毎年3月8日の「国際女性デー」の別名なのだそうです。

(以下一部引用より)

国際女性デーの3月8日は、女性の社会参画を願う日として国連が定めた日です。

国際女性デーに、イタリアで男性から女性に感謝の気持ちを込めてミモザを贈ったことから、

〝ミモザの日〟とも呼ばれるようになりました。

ミモザの花言葉は国や花の色によって異なり、

一般的に知られている花言葉は「感受性」「思いやり」「感謝」です。

この時期はイタリアでミモザの花が咲き始める時期であり、

また黄色は西洋では春を象徴する色とされていて、

黄色い花は寒く厳しい冬が終わり、暖かな春が来たことを告げる「幸せの花」と言われています。

・・・等々、たくさんのエピソードがありました。

ご興味がおありの方は、よろしければ〝ミモザの日〟について、ぜひお調べください。

そして、さらに・・・

新しい仲間が増えました。オリーブの木です。

クリニックは今、グリーン🌲とお花🌼がたくさんで賑やかです。

ほんの数日で「紅」が開花しそうです。

左側の「白」は満開のピークを越えて、あと少しとなってまいりました。

近々また天候が悪くなりそうで心配ですが、

白梅さんにはあとひと踏ん張りしていただいて、

ここはなんとか〝紅白〟の共演が再現できますように。

日々心待ちにしています。

ほんの数日で「白」が満開になりそうです。

右側の「紅」はもう間もなくという雰囲気です。

近々また天候が悪くなりそうで心配ですが、

ここはなんとか寒さに耐えて咲き誇ってくれることを期待しています。

〝紅白〟の共演を楽しみにしています。

季節はあっという間にお正月明けとなりましたので、

待ち合い室は今年も〝節分〟へ模様替えしました。

うさぎさん🐇たちは、せっかくなので

(クリニックのマークのでもあるので)

まだ今月いっぱいは、ちらほらと同居していただくことにいたしました。

〝福は内、鬼は外〟📣

今だけでなく、ずっとそうでありますように。

 

まだまだ寒い日が続きますが、春はもうすぐそこまで来ているのかもしれません。

昨年に引き続き、梅の盆栽が今年も芽吹いていました。

ようやく蕾が膨らんできたみたいだと毎日心待ちにし始めた途端、

あっという間に開花が始まりました。

蕾の色合いから、おそらく今年も紅白2色に咲いてくれそうです。(まだ左側の白だけですが、右側の赤も確実に蕾がふっくらしています。)

さらに、待ち合い室に新しい観葉植物🌴が仲間入りしました。

「カシワバゴム」という木だそうです。

ゴムの木の花言葉は生命力が強いということから

「永遠の幸せ」だとか。

丸い葉が個性的で可愛らしく元気に生き生きとしています。

ご来院の際はこちらもぜひご覧ください。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ