LOADING...
閉じる

院長が急病のため、当面の間は休診させていただきます。
診療の再開は追って当サイトにてご案内いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

 

〝クリスマスローズ〟というお花をご存じですか?

 

実は、結構街中の歩道脇の花壇に〝クリスマスローズ〟と書かれた札があります。

もうクリスマスは終わったのになぜ今なのか・・・。

 

クリニックの玄関脇(立て看板そば)に咲いているのを見つけたので取り上げてみました。

クリニックモール内の植物のお世話をしていただいている方が

植えてくださったのだろうと思うのですが、

最近になってようやく見つけて。。

白い花とピンクの花が可愛らしく可憐に咲いています。

 

 

もともとは冬〜早春に咲く花で、結構丈夫なお花だそうです。

街中のクリスマスローズたちも今頃最盛期を迎えているのだろうか、

全く気付かなかったな・・・と反省しました。

もっと意識して街中や近所を見渡すと意外とあちらこちらに咲いているのかもしれません。

 

ご興味がある方はこちらへ。

 

 

flower1612

 

院長研修で外出のため、3月1日(水)のみ診療時間を臨時変更させていただきます。

3月1日(水

休診:午前中のみ

診療:午後2時~午後7時

なお、3月2日(木)以降は通常通りの診療となります。

誠に勝手ながら何卒ご了承ください

どうぞよろしくお願いいたします

801225-1920最近、ふと〝梅〟の香りがするときがあります。

冬もあと少しだなとほっとする気がします。

福岡県のシンボルマークにもなっている〝梅〟。

お花見は〝梅〟でという方もいらっしゃるようです。

今年はぜひ〝梅見〟をされてみてはいかがですか?

追伸:まだまだ寒い日が続いていますので、〝梅見〟のために体調を崩されないようお気をつけください。

節分

2017.01.26 / うさぎ手帖

IMG_0160

 

お正月が終わったと思ったら次は〝節分〟です。

クリニック内も様変わり。少し和洋折衷かもしれません・・・。

 

玄関にもこちら↓

IMG_0157IMG_0163

 

この飾りは「柊鰯(ヒイラギいわし)」というものだそうです。

(以下一部引用)

柊鰯(ヒイラギいわし)は、節分に魔除けや厄除けとして使われ、
昔から日本で行われている風習です。
また「門守」と言って、魔物や災難を避けるためのおまじないの一つとして
使われていたようです。
柊鰯は、柊の小枝に焼いた鰯の頭を刺して作るものですが、
古くは平安時代には、この柊鰯は行われていたと土佐日記に記されています。
しかし当時は、しめ縄に柊の枝とボラの頭を刺していたようで、
これがいつから鰯へと変化したのかは定かではありません。
また実際に民衆へとこの風習が広まったのは江戸時代とも言われています。
完成した柊鰯は、玄関の戸口に飾ります。
これは、柊の葉の棘が鬼の目を刺して鬼の侵入を防ぐ、
もしくは焼いた鰯の煙や臭いによって鬼が近寄らないと言われているからです。
また、鬼が嫌う臭気を放つものとしてニンニクやラッキョウを用いる地域や、
鰯の頭ではなく尻尾の部分を飾るところなど、地域によって若干の違いはあるようです。

ご興味のある方はこちらへ👉

 

節分と言えば、〝豆まき〟〝恵方巻き〟が浮かぶところですが、

古式ゆかしき日本の風習を取り入れてひと味違った大人の節分はいかがでしょうか。

tumblr_oa4yy5BY9t1r4h0gvo2_1280大変混み合う時間が多くなってご迷惑をおかけしております。


必ずしもご予約の必要はありませんが、
ご予約の患者様を優先させていただいております。
ご来院の状況や患者様の診察内容によっては、
順番が前後しかなり長時間お待ちいただくことも多くなっております。

ご予約がない場合2時間前後お待ちいただくこともあったり・・・😓
せっかくお電話いただいても1週間先までご予約が埋まっていたり・・・。
しかも・・・土曜日にいたっては1ヶ月先まで予約が埋まっていることも多く・・・。
お電話の度にお断りをするのも忍びなく、ぜひお早めにお問い合わせをお願いいたします。
診療時間など詳しくはこのホームページ内にご案内しておりますのでご覧ください。


初めてご受診の方も、再度ご受診の方も、まずは〝お早めに〟お電話ください。

ご予約はお電話で承っております、ご遠慮なくお問い合わせください。

まえだ婦人科クリニック
☎0942(36)6200

追伸:患者様の症状などによりご予約の場合もお時間が多少前後することをご了承くださいますようお願いします。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ