LOADING...
閉じる

院長が急病のため、当面の間は休診させていただきます。
診療の再開は追って当サイトにてご案内いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

非常事態宣言

 

先日、NHKでしていた番組です。

ニッポンの子育てを、人類学、脳科学、神経内分泌学の視点から科学した番組です。

具体的には、
① ものすごい不安と恐怖
② 私って母親失格!?
③ 夫に激イラッ!
という3つのテーマに分けて、観察と実験をして、
イマどきのママたちのことを理解してほしいという趣旨でした。

① 人間は、ひとりでは子育てできるようにできていない。
(社会で子育てするように進化してきた。)
②  母性は生まれつき備わっているものではない。
(生活経験をすることによって獲得される。)
③ 育児に非協力的な相手に対しては、母親は攻撃的になる。
(たとえ向き合って話を聴くだけでも、母親は緊張から解放されて
心が穏やかになり相手を受容できる。)

が、要点でした。共感できるママたちが多いのでは?

NHKの番組では、2012年 「産みたいのに 産めない~卵子老化の衝撃」以来、感心した番組でした。

見逃した方は、NHK オンデマンドでごらんになれます。(または当院にご連絡を)

10311251_5090a049a45a5

 

ミュージシャンの「モーリス・ホワイト」がなくなりました。

1970年代、「アース ウィンド アンド ファイアー(EW&F)」で、抽象的だが希望のある歌詞、豪華なホーンセクション、ピラミッドパワーと宇宙の神秘をモチーフとしたステージで世の中を席巻したミュージシャンです。
今思えば こっぱずかしい 内容ですが、多くの若人たちが彼に導かれてしまいました。
何を隠そう私も、1994年の来日の時には大阪城ホールのコンサートには行きました。
その当時でもモーリス・ホワイトは身体にキレがなく、
「これはもうヤバいかな?」と思っていました。
でも、それから20年余り生き長らえていたのは立派だと思います。

写真は、モーリス・ホワイトが師匠のラムゼイ・ルイスのためにプロデュースした「Sun Goddess」のジャッケトです。ジャズ/ファンク的サウンドがお気に入りです。

IMG_0294

今年もあと1日。

毎年の恒例で蕎麦を食べに行きました。

そこでの1枚。

井筒形の側に井戸を覗き込むような姿の人形がついた蓋置を被写体にとってみました。

来年は更にいい年になりますように。

大晦日
院長

XRF_12days

 

今週はクリスマス。クリスマスソングがよく流れる季節です。荘厳な歌、ロマンティックな歌、下心のありそうな歌、いろいろありますが、耳に残っているが「クリスマスの12日」です。

クリスマス(12月25日)から公現祭(1月6日)までに大事な人からプレゼントしてくれたものを(忘れないように)歌い綴っている、たわいのない内容ですが楽しい歌です。

公現祭とは、キリストの誕生を「東方の三博士」が訪問してお祝いした日だそうです。
そういえば実家も私も別にキリスト教徒ではありませんが、自宅から近かったからか「カトリック幼稚園」に通っていていました。クリスマスの学芸会には「イエズス様の降誕」の劇を毎年するのですが、僕は「東方の三博士」の役をしていたことを思い出しました。まぁ、最後に出てきて「おめでとう!」いう「ちょい役」でしたが、幼心になんとなく賢くなった気分でした。

クリスマスの12日 ≪The Twelve Days of Christmas≫

On the first day of Christmas,     クリスマスの1日目に
My true love sent to me      私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
A partridge in a pear tree.      洋梨の木にとまったやまうずらを
On the second day of Christmas,    クリスマスの2日目に
My true love sent to me      私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Two turtle doves,      二羽のキジバトを
And a partridge in a pear tree.     洋梨の木にとまったやまうずら
On the third day of Christmas,     クリスマスの3日目に
My true love sent to me      私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Three French hens,      3羽のフランスめんどりを
Two turtle doves,      2羽のキジバト
And a partridge in a pear tree.     洋梨の木にとまったやまうずら
On the fourth day of Christmas,     クリスマスの4日目に
My true love sent to me      私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Four calling birds,      4羽の歌う鳥を
Three French hens,      3羽のフランスめんどり
Two turtle doves,      2羽のキジバト
And a partridge in a pear tree.      洋梨の木にとまったやまうずら
On the fifth day of Christmas,       クリスマスの5日目に
My true love sent to me      私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Five golden rings!      5つの金の指輪を
Four calling birds,      4羽の歌う鳥
Three French hens,      3羽のフランスめんどり
Two turtle doves,      2羽のキジバト
And a partridge in a pear tree.      洋梨の木にとまったやまうずら

(中略)

On the twelfth day of Christmas,     クリスマスの12日目に
My true love sent to me      私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Twelve drummers drumming,      12人の太鼓をたたいているドラマーを
Eleven pipers piping,      11人の笛を吹いている笛吹き
Ten lords a-leaping,      10人の飛び跳ねている王様(男)
Nine ladies dancing,          9人の踊っている貴婦人
Eight maids a-milking,        8人のミルクをしぼっているメイド
Seven swans a-swimming,         7羽の泳いでいる白鳥
Six geese a-laying,        6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings!      5つの金の指輪

Four calling birds,      4羽の歌う鳥
Three French hens,      3羽のフランスめんどり
Two turtle doves,      2羽のキジバト
And a partridge in a pear tree.      洋梨の木にとまったやまうずら

And a partridge in a pear tree.      洋梨の木にとまったやまうずら

すてきなオトナになるために

 

来る1月24日、久留米市保健所健康推進課の方々のご尽力により、
えーるピア久留米で 日本家族計画協会所長 北村邦夫先生が講演されます。

演題 「すてきなオトナになるために思春期の“こころとからだ”について考える」

北村先生は、思春期学、女性医学では非常に有名な先生で、僕の頭の中では「スター産婦人科医(というよりは産婦人科医芸人?)」と思っています。

非常に現実に即したお話を愉快にお話しされ、2時間近くの講演ですが飽きることはないかと思います。

是非、この機会に講演を聴かれて親子で話されてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ