LOADING...
MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

gsp001クリスマスソングがあちらこちらから聞こえてくるようになりました。
この時期になるとコンサートやライブなど開催されることが多いのが

〝ゴスペル〟

その迫力と一体感、それでいて神聖な透明感、
身も心も研ぎ澄まされるような感覚を覚えます。

そもそも、〝ゴスペル〟とは…(簡潔に言えば)
アメリカの黒人教会文化が生んだ「魂の歌」だとか。

(以下、引用)
私たちが「GOSPEL」と呼んでいる音楽は、アメリカの黒人教会で歌われている歌です。
誰か一人が歌い出せば、会場全体が総立ちになり、
手を叩いたりステップを踏んだりしながら、
声を張り上げて全身全霊で歌います。
「賛美歌」と比べると、より生活に根ざした歌詞が多く、
聖書をベースにした前向きなメッセージが
人種や国境を越え多くの人の共感を呼んでいます。
賑やかな流行の、または懐かしのしっとりとした
クリスマスソングも捨てがたいところですが、
今年のクリスマスは
敢えて〝ゴスペル〟に耳を傾ける機会を
作ってみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ