LOADING...
閉じる

院長の病気療養のため永らく休診していましたが、
2021年7月26日から診療再開させていただきます。
皆さまには大変ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
(ちなみに院長は元気になりました)

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

IMG_0078プリザーブドフラワー

今ではだいぶ浸透した言葉のように思います。

水はあげなくて良いのに、枯れることもなく
生化のようなみずみずしい美しさを持った装花です。

クリニック内にも数点あります。
ぜひお越しの際はじっくりとご覧ください。

(以下一部引用)

プリザーブドフラワー「Preserved flower」とは、
特殊な技術をもとに生花の美しさをできるだけ長い期間楽しめるように作られたお花のことです。

花や草木を乾燥させる(自然乾燥・乾燥剤などで乾燥)ドライフラワーとは異なり、
プリザーブドフラワーは、一旦花の樹液を抜き、特殊なオーガニック系の染料を吸わせ、
乾燥させて作ります。

 

カラフルなプリザーブドローズ
またプリザーブドフラワーは、
お花やグリーンの持つ吸い上げる力で染色しているので、
着色とは違い自然な色合いを表現でき、
生花では存在しない色(ブルーのバラ)などカラーバリエーションも豊富です。

 

この時期なかなか生花は日持ちが難しいものです。

そんなときこそ〝プリザーブドフラワー〟を愛でて心癒やされてはいかがですか。

☝︎プリザーブドフラワーの歴史☝︎

1991年にフランスのヴェルモント社が世界で初めてプリザーブドフラワーの特許認定を取得。

長く美しい状態を保てることと、豊富なカラーバリエーションが

フラワーデザイナーの注目を集め、パリを中心にヨーロッパで広まりました。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ