LOADING...
閉じる

院長が急病のため、当面の間は休診させていただきます。
診療の再開は追って当サイトにてご案内いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

くも小さい頃に聞いたことがあります。
「朝のクモは殺してはいけない」と。

では夜は殺して良いのでしょうか?
そもそもそれってどういう意味でしょうか?

ふとクモを見かけてから迷いました。
殺すべきか、否か。(ちなみに朝でした…)

そのもととなっているのが、以下の言葉にあるようです。
「朝のクモは福がくる。夜のクモは盗人が来る」

朝のクモ:吉兆の印、良いもの
◆ 福が来る
◆ 待ち人が来る
◆ いい一日になる(クモは天気のいい日に網を張るので)
◆ 神のつかい(使者)など、良いことが起こる知らせとして、喜ばれていました。

夜のクモ:悪い印
◆ 盗人が来る前触れ
◆ 地獄のつかい(使者)など、縁起の悪いことが起こる前触れといわれています。

とはいえ、個人差があるのかもしれませんがあまり気持ちがいいものでもなく…。
出会ったときの対処は皆様にお任せいたします。

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ