LOADING...
閉じる

院長の病気療養のため永らく休診していましたが、
2021年7月26日から診療再開させていただきます。
皆さまには大変ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
(ちなみに院長は元気になりました)

MAEDA FUJINKA CLINIC

BLOG

ブログ

IMG_0200

その病院は、上町台地の坂の麓にありました。
いろんな人生を歩んでいくうちに転がり落ちて坂の下にたどり着いた人、
ディープサウスの雑多な人たちのるつぼで身を隠すように生きている人、
病院の今までの名声を知っていて、頼ってやってくる大阪下町の名士たち。。。。

「みんな、いっこも言うことをきかへん!!!! でも、みんな懸命に生きていこうとしとるなぁ。。。」

母子保健の会合で、他の病院の関係者から「産み捨ての病院」と言われて泣きながら帰ってきたスタッフもいました。
「好きに言わせておけ、ここには他にないスキルと人を大切に思う心がある!」と伝えたこともありました。

 

新入職者は今までの常識が覆され戸惑いますが、患者様と接しているうちに魔法がかかったかのように尽くせるようになる。
病院の開祖である「石井十次先生」の「隣人愛」を自ら実践できるようになる。
そんな方が多くお見えになった病院でした。

今でも、大阪の仲間と会うと夢の続きが始まりそうです。

愛染橋病院の仲間たち〜
松田せんせい、辺見せんせい、
春名さん、稲尾さん、藤森さん、
小川さん、上田さん、永田ぁ〜。
オブジェを送ってくれてありがとう。。。。

1999 – 2000年の大晦日、20世紀の最後の年は彼女たちと始まりました。

SANY0039

syakyo
〝写経〟
ご存じですか?
当然ながら堅苦しいイメージはぬぐいきれませんが、
一度経験してみてはいかがでしょうか。

少し前に一度あるお寺で写経をさせていただきました。

冬の真っ只中のある日。
受付で規定の料金をお払いするとまず専用の用紙をいただきました。
(うっすら書くべきお経が印刷されています)
制限時間やどういう意味を持つものかなどを簡単に教えていただいて、
会議用のテーブルにパイプ椅子が並んだ小さな部屋へ通されました。

それから…
「あとはご自由にどうぞ…」とあっという間に障子が閉められました。
真ん中にはストーブが焚かれ、しんと静まりかえった空間があるだけ。
目の前には墨汁(瓶に入ったもの)と硯と筆が置いてあり、
あとはいただいた用紙のお経の文字をただただなぞって書けば良いだけ。

問題は集中力。
果てしなく続く気がした時間もあっという間に残り数分となり
慌てて最後は書き終えて…そんなひとときでした。
遠くから聞こえるお経の声が心地よいような、
たまにはそんな研ぎ澄まされるひとときも良い気がしました。

shoufukuji-13

最後に、書いたものは後日お炊き上げをしていただけるということでした。
なんだか少し尊い行いをしたような気持ちになりました。
そのお寺では座禅もおすすめされていました。
ご興味のある方はぜひ。

 

 

Unknown当クリニックにはお子様を連れてこられる方もいらっしゃいます。
絵本もありますが、
何かお子様が退屈しないものは・・・?と思って
お渡しはじめたのが〝折り紙〟です。
最初は興味を持ってもらえるようで(持続性は疑問ですが)
ただいま継続中です。

〝折り紙〟もまだまだこの時代に生きていけるようです。

とはいえ、最近のお子様にどこまで通用するのか、
普通のものでは面白くないだろうし…。

そう思ってまずは、
クリニックの目印にちなんで〝うさぎ〟さんから配布中です。

じわりじわりと少しずつ種類を増やしていきたいと思います。

お子様が夢中になるような、とっておきの良い〝折り紙〟のアイデア募集中です。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひこっそり教えてください。

 

院長から。。。。

折り紙は日本で独自に発展した伝統の遊びで、国際的にも Origami で通用するようです。
その幾何学的特徴から数学的命題が多く含まれており、Origamiを専門とする数学者もいらっしゃるようです。
ミウラ折りという技法は宇宙開発に応用され、また医学分野でもステント(低侵襲な人工血管置換術)の折り方は 折り紙の応用で作られており、皆さんの健康にも貢献しています。
折り紙の伝承は日本人の心持ち、知恵の発達、両方から素晴らしいことと思います。

yun_727つきぬけるような夏の青空が続く毎日。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
そんなこと言っていられないぐらい暑くて
一歩も外を歩きたくないという方も多いのではないでしょうか。

乗り物の中からでも良いので、ふと空を見上げてみてください。
空は青々しく、雲は真っ白、毎日様々に形を変化しています。

雲にもいろんな種類があるようです。
5eaeda25「傘雲」なんて調べてみてはじめて知りました。
興味がある方はぜひいろいろとご参考までに。
個人的には「うさぎ」の雲をみつけて見たいのですが。

蝉の声が鳴り響く、いかにも夏真っ盛りのこの数日。
ついこの間まで…
いつまでこの雨が続くのかな、
今年の梅雨は本当に終わるのかな、
なんていう会話が飛び交っていたような。
気付けば「暑い、暑い、早く涼しくなればいいのに」とそればかり。

semi008きっと秋が来て、冬が来て、そしたらまた言うのでしょう。
「早く暖かくなればいいのに」と。

くも小さい頃に聞いたことがあります。
「朝のクモは殺してはいけない」と。

では夜は殺して良いのでしょうか?
そもそもそれってどういう意味でしょうか?

ふとクモを見かけてから迷いました。
殺すべきか、否か。(ちなみに朝でした…)

そのもととなっているのが、以下の言葉にあるようです。
「朝のクモは福がくる。夜のクモは盗人が来る」

朝のクモ:吉兆の印、良いもの
◆ 福が来る
◆ 待ち人が来る
◆ いい一日になる(クモは天気のいい日に網を張るので)
◆ 神のつかい(使者)など、良いことが起こる知らせとして、喜ばれていました。

夜のクモ:悪い印
◆ 盗人が来る前触れ
◆ 地獄のつかい(使者)など、縁起の悪いことが起こる前触れといわれています。

とはいえ、個人差があるのかもしれませんがあまり気持ちがいいものでもなく…。
出会ったときの対処は皆様にお任せいたします。

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

アクセス情報へ